スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウン

2007.08.21 *Tue
ついにダウンしてしまいました。

土曜に腹痛が再発し、とりあえず病院へ。
病院へ行くにもどうしたらいいものか分からず、旦那に会社の日本人の方に
聞いてもらい、通訳の方に同行してもらい市内の病院へ。
大学の附属病院で、とってもきれいな病院でした。
血液検査、尿検査異常なし。
とりあえず、薬をもらい、せっかく市内に来たのだからと
カルフールで買い出しして帰りました。

翌日日曜日。
朝からなんとなくやっぱりお腹がおかしい感じ。
昼飯も途中でダウン。
午後は家でのんびりしていたら、なんとなく回復。
ずーーーっと食べたかった焼肉を夜は食べに行きました。

しかーーーし、この焼肉を食べている途中からまたもや腹痛。
(こんな時に、焼肉食べに行くなよって感じですが
家に帰ると、さらに悪化。
じんましんも出てきたので、こりゃまずいってことで
通訳の人に連絡。
土曜に行った市内の病院に来てくれとのこと。
市内まで車で約30分。
正直、30分もつか不安で、マンションのフロントに近くの病院に
案内してくれないかと聞いてみると、
日本語を話せる方が、自分が病院までついて行くとありがたいお言葉をいただきました。
車を出してもらって、近くの病院へ直行。

また、ここからが大変で。
カルテ買って、先生のとこ並んだら、じんましんは皮膚科だから14階に行けと。
行ってみると、真っ暗で誰もいない。
ドアたたくとようやく先生が現れ、状態を見てまた1階へ行けと。
血液検査するから、金払ってこいと。
もう、この時点で呼吸が怪しくなってきて、
やはり市内へ行った方が良かったかなと後悔。

血とったらまた14階へ行けと。
もう私はフラフラで旦那にかつがれてエレベータへ。
14階に行って先生にまた見てもらったと思ったら、
また1階へ行けと。

もーーーーーいい加減にしてくれ!!!!!!

旦那もいい加減イライラしたらしく「呼吸だけ早くなんとかしてくれ!!」と。
そんでやっとこさ、点滴にありつけました。
点滴した途端、みるみるうちにじんましんも引いていきました。

この日行った病院も、土曜とは違う大学の附属病院ですが、
ベットとかは結構ひどい感じでした。
土曜の方は、点滴する場所も普通の入院するようなきれいな部屋でしたから。

急患て結構来るんだな~と感じました。
ワンフロアでカーテンで仕切ることもなく、順番に診察ですよ。
点滴する場所だって、とってもオープン。
端の方では、別の人がげーげーやってますし

翌日、保険の関係でまた病院へ行ったのですが、
平日は、外国人専用の部屋があるらしく、そちらはとってもきれいでした。

ちなみに、この私のじんましん。
日本にいる時にも、たまに腹痛と共に襲われます。
いくら調べても原因は不明。
海外に来ると、知らぬ間に添加物などで日本にないものを食していたりと
3ヶ月くらいは、じんましんを出す人もいるそうです。
(翌日、受診した日本人の先生に伺いました。)

ま、病院のかかり方も分かったし、いい勉強ってことでしょうか。
それにしてもフロントのお姉さんが、本当にいい人で。
私より年下かなぁ、とっても若い方です。
病院に来ても、嫌な顔一つせず、つきっきりで
私の状態をずっと気にしててくれて。
他人にあんなに親身になってくれる人ってそんなにいないですよ。

ありがとうは、いっぱい言ったけど、言い切れないほどお世話になりました。
スポンサーサイト
CATEGORY : 中国生活
COMMENT (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

Copyright © また明日。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。